医学部へ合格するための予備校の選び方


やる気の出る名言

医学部予備校➖②家庭教師型


次に考えたのが完全一対一の個別指導や家庭教師です。 一対一で習うことができればわからない部分はすぐに質問できますし、自分の弱点に合わせた講義を行ってくれると考えました。

しかし、個別指導や家庭教師で最もネックになったのは、講義の受講料金です。予 備校や家庭教師派遣会社によっては、医学部受験のための講師は特別な費用が必要だったり、 高いランクの講師を進められるなどして経済的な負担が非常に大きくなるというデメリットがありました。

費用を抑えようと思うと、ひと月の講義回数を減らしたり、講義時間数や科目数を減らさなければいけませんでした。 費用のことが心配で、自分の受けたい講義回数や講義科目が十分に受けられない不安があり、 大きな魅力を感じながらも一対一の完全個別型は選択しませんでした。


集団指導型 家庭教師型 少数指導型